もかろぐ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> カーチャン > 母ちゃんと俺と彼女












スポンサーサイトこのエントリーのはてなブックマーク数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母ちゃんと俺と彼女このエントリーのはてなブックマーク数


118


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:25:51.72 ID:fPEisrPF0

書きためてるから淡々とはってく。



4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:28:17.89 ID:fPEisrPF0

俺が物心ついたときから母子家庭だった。
父親は病死。 カァチャンはAAのカァチャンにそっくりで本当に優しくて温かい母ちゃん。
たった一人の息子、たった一人の家族としてとても可愛がられて育った。

母子家庭だからって寂しい思いをしたとかはなかった。
それは母ちゃんが朝から夕方まで働いて、俺が帰宅するときには家にいてくれたから。
家事をしているとき以外はいつも内職していた。
内職しながら勉強見てくれたり俺のつまらん話を聞いてくれた。
俺が寝たあとはチラシをポストに投函する仕事にいってた。
それも俺が起きて母ちゃんがいないことで悲しくならないよう、
近所の住宅街を一時間配りにいっては戻って俺の様子を見て、
また配りに行き一時間したら様子を見に戻り…と配慮してくれていた。

俺の誕生日にはいつも俺の好きなケーキや玩具を買ってくれた。
文房具も俺が仲間はずれにならないようにとバトエンとか皆と同じものを持たせてくれた。



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:30:04.08 ID:fPEisrPF0

母ちゃんはいつも二着の服をローテーションさせてた。
母ちゃんの靴下や肌着はつぎはぎだらけだったのに、
俺はそれを見ていたのに自分の家が貧乏だって思いもしなかった。

大事に大事に育ててもらったのに俺はと言うと全てが平均か平均以下。
俺も大きくなるにつれて何となく家庭の事情がわかってきて高価な玩具はねだらなくなったんだが、
母ちゃんは
「パート先の○○さんの息子くんがはまってるんだって」
とか言いながらゲーム買ってくるの。
俺は凄く嬉しかったのに意地はって
「うち貧乏なのにそんなの買わなくていいよ」と言ったら
「だって母ちゃんもやってみたいんだよ」って笑ってた。

俺は母ちゃんが好きで好きで大好きだったんだが、
正直よそのお母さんより老けててみすぼらしいところが恥ずかしかった。
平均以下の俺のくせに、本当バカだよね。



7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:31:17.96 ID:UzbTb5a90

ちょっと出だしから涙でそうじゃん…


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:31:46.64 ID:fPEisrPF0

そんな平均以下の俺は高校二年生になっても童貞。あたりまえのこと。
当時、俺には好きなひとがいた。
普通よりちょい可愛い、大人しそうで物腰のやわらかい同級生。
こんなに人を愛したことなんてない!彼女と結婚したい!とまで思い詰めていて、
俺は友達に頼んで彼女とメール交換をすることになった。
メールは送信したメールのうち半分ぐらいしか返信がなかったけど、
それでもいい!むしろそれがいい!とか勝手に刺激受けてドンドン彼女にはまりこんだ。



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:33:03.88 ID:fPEisrPF0

メール交換を始めて二ヶ月ぐらいして告白するも撃沈。友達でいたいの…ってさ。
それでも諦めきれずに再度告白。彼女はすごく悩んでいたがやっぱり返事はNo 。
俺は食い下がった。あんだけ悩むってことは可能性は0じゃないんだろっってヤケになってた。
彼女は「私…私のことが本当に大好きな人と付き合いたいの」って言った。
これは押すしかない!と猛烈プッシュした。
そしたら「じゃぁお試しでもいい?」って言われて何とか付き合うことになった。
お試しだけどな。



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:36:58.21 ID:fPEisrPF0

母ちゃん、聞いてよ!俺今日初めて彼女できたー!
なんて、もちろん言わない。
その頃は母ちゃんと俺の会話なんて激減。
母ちゃんが「なに食べたい?」って毎日聞いてくるのが面倒だったし、
誕生日に「なにほしい?」なんて聞いてくるのが腹立たしかった。
もう俺は昔の俺じゃねぇ!金だって稼いでいるんだぞ!
(バイト代は全て自分のもの)俺は子供じゃない!って思っていた。

彼女とは凄くいい感じだった。
彼女は大事に扱われることを望んでいた。
なので自転車はいつも俺が前。買い物だろうが登下校だろうが荷物を持つのは俺。
お昼休みには彼女がおいしいと言っていた抹茶オーレを毎日持って彼女を迎えに行った。
そのたびに彼女は「俺君やさしー」と喜んでいた。
それを見て俺も満足だった。

お試し期間とか言ってたが、いつまでも振られることはなかった。
確認するのも怖かったので、これはもう付き合ってるんだな!と勝手に解釈して
毎日彼女をエスコートしていた。



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:38:51.34 ID:fPEisrPF0

そんなある日の放課後、俺はある授業の課題提出のため居残りをするはめになった。
彼女とは放課後にデートする約束だったが
六時間目の授業の終わりに先生にそれを告げられて
彼女は「ドタキャンするの?」と怒っていた。
だからさっき言われて…と言い訳しても
「私の方が先に約束してたよね?」
また別の日に…と提案しても
「今日じゃなきゃイヤ!」
これやらないと点数もらえなくて俺単位ヤバイんだよ…と懇願すると彼女は
「じゃぁ、もぅ別れる。結局私のこと大事にするっていいながら自分の単位優先すんでしょ?
 そんな人とは付き合えない」
と言ってきた。
俺は別れると言われて焦った。
え?こんな簡単に?あ、まだお試し期間なの??とか考えてた。



13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:39:53.46 ID:fPEisrPF0

別れるのは絶対嫌だ。

俺は課題提出を諦めて彼女との放課後デートを優先した。
ただ優先したのだが彼女は終始ご機嫌ななめな上、途中で帰ってしまったんですけどね…

翌日居残りの課題の先生に謝りにいき、普段真面目な俺だけにどうしてサボったのか聞かれた。
フレンドリーな先生だったんで彼女の名前は伏せて事情を話したら苦笑いしてた。

それ以来、主導権は彼女が握っていた。俺はアッシーでメッシーでポーターで犬だった。
それでも彼女のそばで彼女の笑顔が見れることが幸せだった。
もちろん俺のバイト代は彼女とのデート代、携帯代で全部消えた。
その上バイトの時間まで彼女に指定されたりして俺は金欠状態になった。



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:41:00.17 ID:fPEisrPF0

その頃昼飯は母ちゃん弁当だったんだけど、
俺は母ちゃんに「弁当いらないからお金にしてよ」と言った。
母ちゃんが「もしかして何かにお金必要なの?」とか余計な気を回すもんだから
「違うから。っつーか今時母親の弁当とか持ってきてるの俺だけなんですけど」って言ったら
母ちゃん「そっかぁ…ごめんねぇ」言ってた。

平日は700円貰えるようになる。そこからご飯代の230円引いて残りは彼女とのデート代にあてる。
でもそんなのは焼石に水。
付き合いたてのときはマクドナルドやファミレスのドリンクバーでもニコニコしててくれた彼女も
五ヶ月したらスターバックスでなきゃ嫌だというようになる。
しかもそのお洒落なスターバックスで話すことは友達や同級生の悪口が六割とか…
それでも彼女のキャラメルフラペチーノを飲む姿を見て俺は満たされていた。



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:43:21.04 ID:fPEisrPF0

そして迎える、彼女との初めてのクリスマス。
この頃には俺は体重が五キロくらい落ちていて細身からガリガリになりつつあった。
彼女といつものようにスターバックスで放課後を過ごしていた。
もうすぐクリスマスだね♪と彼女がきりだして
「私クリスマスプレゼントはお揃いのルイヴィトンの財布がいいな」と笑顔で言った。
(ビトン…だと)
「ほら、これこれ」
と言いながら雑誌の高校生モデルの鞄の中身~みたいな特集のページを見せてきた。
(ビトン…長いぞ…)
雑誌を手に取り見てみると値段がのっていた。値段は忘れたが60000ちょい。
(バイトの時間増やしたら買えるかな…)
「別にいいけど彼女ちゃんは大丈夫なん?バイトしてないんでしょ?」
と俺は彼女に聞いた。
だって俺が当時使っていたのは母ちゃんが入学祝いに買ってくれたポーターの財布だし、
俺とお揃いのビトンと言ったからてっきりプレゼントしあうのだと思った。



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:44:58.92 ID:fPEisrPF0

俺の問いに彼女は大きく目を見開いて「…なにいってんの?」と返してきた。
「えっ」
と俺も意味が理解できず黙っていると彼女は
「私クリスマスプレゼントにお揃いのルイヴィトンの財布がほしいって言ったんだよ?」
「俺君、今ポーターの財布じゃん。いつもそれレジで出してるじゃん。
 でもダサいよ、ポーターって。
 だから俺君も自分用にお揃いのルイヴィトンにしたらいいんだよ!
 で、私にはクリスマスプレゼントで買ってくれたらいいよ」


(え…)

彼女は俺にルイヴィトンを二つ買えと言ってきた。
(ポーターダサくないだろ…皆使ってるじゃん…)
俺は正直に話した。「今バイトの時間とか削ってるし二つは無理だよ」
すると彼女は笑顔で「だーかーらクリスマスまでバイト増やしていいよ」と言った。



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:46:22.39 ID:fPEisrPF0

俺は頭の中の電卓を叩いた。時給800円で13万も稼げるか…
明らかに無理だった…でも無理だって言えなかった。

翌日から俺は昼飯をぬいてバイトを四時から十時まで入った。
帰宅したら彼女と電話やメールをして彼女が寝るまで付き合う。
朝は彼女を迎えに行くので絶対遅刻はできない。
母ちゃんより遅い帰宅が一週間ぐらい続いた日の翌朝、700円の隣に俺の弁当がおいていた。
母ちゃんは俺に聞かれる前に
「母ちゃん最近太ったから弁当にしたんよ~今日は作りすぎたからあんた食べー」って言った。
それから毎日母ちゃんは弁当と700円を用意してくれるようになった。



21 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 : 2011/10/22(土) 18:49:28.37 ID:/cCbKnT60

>>1と彼女が屑過ぎる


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:51:45.21 ID:fPEisrPF0

>>21
おっしゃる通りです。



20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:48:42.41 ID:fPEisrPF0

昼飯を食えるようになって本当に助かった。
そしてバイト漬けの生活をはじめて二週間くらいたったとき、
バイト中に彼女から鬼の着信がくる。
なんかよくバイブなってんなぁとか思ってトイレでこっそり携帯を見たら全て彼女。
20件ぐらいきていた。ただ事ではない!と思い、折り返し掛けると彼女は出なかった。
メールをいれて仕事に戻るも気になって仕事に身がはいらない。
仕事後、携帯には「会いたい」とメールがきて急いで彼女の家の近くの公園にいった。



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:49:35.57 ID:fPEisrPF0

彼女は泣いていた。
泣きながら「どうして最近バイトばっかなの?」とか
「電話だっていつもダルそう」とか言っていた。
「お前にクリスマスプレゼント買うためだって」と言ったら
「私のせいなの?」と返されて返答に困った。
「こんなのヤダ…前みたいにいっぱいデートしたいよぉ」とすすり泣く彼女に
「じゃぁビトン買うけどお揃いは諦めてよ」と言うと
「お揃いじゃなきゃ意味ないっ!」と譲らない。

俺は眠気と空腹で途方に暮れていると彼女は
「お年玉の貯金とかないの?」と聞いてきた。
あるにはあったが母ちゃんが管理していたので俺は無いと答えた。



24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:51:59.50 ID:fPEisrPF0

すると彼女は「おじーちゃんやおばーちゃんとかいないの?」と聞いてきた。
(いたらなんなんだよ)とムカつきながらも、いないと答えた。
「じゃぁお母さんは?」
俺はキレた。
「母親はいるけどなんなんだよ」初めて見たであろうキレる俺に驚く彼女。



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:53:39.47 ID:fPEisrPF0

「お前がお揃いだのビトンだの言うから俺はバイトしてんだよ。
それはお前も了解ずみだろ。会えなくて寂しいって俺も同じなんだよ。
でも俺はお前の喜ぶ顔が見たくて頑張ってんだよ。
じーちゃん、ばーちゃんがいたらなんなんだよ。
小遣いねだれってか?母親にビトン買う金もらえってか」


彼女は顔を真っ赤にして走って公園から出ていった。
俺は追いかける気もしなかった。

とりあえず帰宅して「明日俺休むから一人で学校いって」とメールだけ送って寝た。



26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:55:00.59 ID:fPEisrPF0

翌朝一度起きて母ちゃんにちょっとしんどいし学校休むって言ってまた寝た。
9時に目が覚めて台所にいくと母ちゃんの姿はない。
でも俺の弁当箱の横に母ちゃんの弁当箱もあったから
まだ仕事はいってないんだなーとか考えてた。
んで、腹も減ったし弁当食おうって思って自分の弁当くってた。
食ってるときにふと母ちゃんの弁当箱見たらフタ浮いてたの。
冷ますためにフタ浮かせてんだろって思ってもう冷めてるだろうからフタしめといたろ思って
何気に母ちゃんの弁当のフタあけたら



母ちゃんの弁当、弁当箱一杯に白米つめて醤油ぬった味のり乗せただけのものだった。
オカズはこれぽっちも入ってなかった。
俺の箸が止まった。



29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:57:26.97 ID:fPEisrPF0

母ちゃんの弁当は昔から品数多かった。
幕の内弁当みたいなの。俺はそんな弁当しかしらないから
母ちゃんの弁当を見たとき何も考えれなくなり、気付いたら泣きそうになってた。
弁当のフタ持って母ちゃんののり弁見ててしばらくしたら鍵がガチャガチャってした。
急いで母ちゃんの弁当にフタのせて自分の弁当食ってるふりした。
「ありゃ、ご飯食べれるんかい」とか言って笑ってた。
母ちゃんは白ネギや三つ葉やウドンを袋から出しながら「じゃーこれ昼に食べ~」とか言ってた。
母ちゃんが自分の弁当箱「もう冷めてるな」とか言いながらフタしてるの見て
俺は何か言わなきゃって思ったのに何も言えなかった。



30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 18:59:48.15 ID:fPEisrPF0

翌朝遅刻して学校にいき、昼休み彼女に呼び出された。
もう別れるんだろなーとか思いながら人がいない移動教室行った。
彼女は「なんか言うことないの?」って言ってきた。
俺はあんな言い方してごめんって謝った。
「私と別れたい?」って聞かれて、正直なんて言えばいいかわからなくて黙ってたら
「私のこと嫌いになった?」って聞かれたから、ううん。って答えた。
そしたら彼女はこう言ったんだよ。












「じゃぁ土下座して謝ってよ」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:01:52.93 ID:fPEisrPF0

俺は正直彼女がまだ好きだった。
でも俺の好きだった彼女は一緒にいてたまにしか姿を見せない。
ほとんどが俺の嫌いな彼女だ。



なのに俺は土下座していた。
謝って仲直りしたら、バイトが落ち着けばまた俺の好きな彼女に戻るんじゃないかなって思ったから。

俺の土下座を見て彼女は移動教室から出ていった。



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:04:49.84 ID:fPEisrPF0

結局フラれたかわかんね、とか思っていたが放課後にニコニコ顔の彼女が俺を迎えにきた。

結局俺と彼女は元通り。そしてまた学校、バイト、彼女の相手をする毎日に戻った。
結局俺の財布代まではたまらなかった。母ちゃんから700円を貰うのをやめたから。
後、バイト代から母ちゃんにクリスマスプレゼントを買ったから。
だからルイヴィトンは一つしか買えなかった。
それを彼女に言えないままクリスマスを迎えた。




34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:05:40.15 ID:fPEisrPF0

クリスマスは二人で学校サボって彼女の行きたいってとこ行って
〆にカラオケはいって彼女にプレゼント渡した。
彼女はめっちゃ喜んでいたが俺が自分のぶんまで買えなかったっての聞いて、怒ってた。
「あれだけバイトしたのになんで?11月はいくら給料でたの?12月は!?
それで平日毎日700円でしょ!なんで買えなかったの?」

俺はありのまま「700円は元々飯代として貰ってただけだから、
今は母親が弁当つくってくれてるし貰ってないよ。
後は今日のデート代と母親にもクリスマスプレゼント買ったから」
って言ったら彼女が黙った。



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:14:24.77 ID:fPEisrPF0

納得してくれたと思ったら、彼女が目に涙浮かべながら
「私とのお揃いよりお母さんなんだ…」って言い出した。
弁解したら「マザコンっ」てビンタされて彼女でていった。

またか…と思いながら会計して帰宅した。
母ちゃんはまだ帰ってきてなかったから
俺は机に綺麗にラッピングされた女ものの弁当箱とマフラーと手袋置いといた。
翌朝母ちゃんニコニコ。めちゃご機嫌でマフラーと手袋つけて俺を起こしにきた。
で、ありがとう、ありがとうって言ってたから俺はあのとき言えなかったことを言った。



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:17:17.71 ID:fPEisrPF0

「その弁当箱二段だからww一個がオカズで一個がご飯ww
白米にのり乗っけたの二段ともに詰めるなよw
俺のオカズ少なくしてもいいから母ちゃんもその弁当箱にオカズ詰めてねww」

って冗談ぽく言ったら母ちゃん涙ぐんで
「母ちゃんなんてもうババァだからのり弁当でいんだよ、」って言った。
俺は泣くのこらえて「二段とものり弁じゃ弁当箱の方が泣きたいわ」って茶化した。



40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:22:48.18 ID:fPEisrPF0

母ちゃんの笑顔見て彼女と喧嘩したことなんて忘れて彼女を迎えにいったら彼女はもう登校してた。

学校についても顔をあわすことなく、昼休みになり彼女が迎えにきた。
こりゃ土下座コースかな…と思ったが彼女は昨日のことはなかったかのようにニコニコして
ルイヴィトンを見せながら「これ見て~早速使ってるよ~」って言ってた。

そんで今日からはバイトのシフトも落ち着いてるしまたゆっくり過ごせるね~って笑ってた。

なんだコイツ…とは思ったけどニコニコしてんのをぶち壊すこともせず
俺も普通に彼女と談笑した



41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:28:10.02 ID:fPEisrPF0

そんでもう後は年越しだけだーってなったときに
彼女が年越しは俺君の家にいきたーいって言ってきた。

金もなかったしそれでもよかったんだけど夜は母ちゃん帰ってくるよって言ったら
「じゃ、お母さんと三人で年越ししよー」って笑ってた。
マザコンって罵られたことなんてすっかり忘れて俺はウキウキしていた。
母ちゃんに彼女がくるって言ったらスリッパとか新調して
近所の寿司屋で人気のお節をあわてて注文しに行っていた。

そして大晦日。6時頃に彼女迎えに行って二人で俺の家へ。
で8時すぎに母ちゃん帰宅。
母ちゃんの仕事は年末忙しくてクリスマス明けはほとんど12時間出勤とかだった。
母ちゃんは無理いって早く上がらせてもらって
電車にのって百貨店まで惣菜や寿司を買いにいっていた。



43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:29:55.34 ID:fPEisrPF0

「今日はね彼女ちゃんくるって聞いてたから~~百貨店で買い込んできたよ!皆でたくさん食べよーね」
ってニコニコしていた。
で、母ちゃんが台所で準備してるときにコタツにいた彼女は
台所で惣菜見てた俺を呼び寄せ「お母さんだよね?」と小声で聞いてきた。
頷く俺にイタズラっぽい顔をしながら耳打ちで











「うふふ…おばあちゃんかと思った」って言われた。


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:32:34.09 ID:fPEisrPF0

俺は知っている。
母ちゃんに彼女くるって言った日に母ちゃんが美容室に予約いれていたこと。
数年ぶりに美容室で髪を染め、カットしたこと。
母ちゃんが新しく服を買ったこと。
仕事で忙しいのに大掃除をしたこと。

そして今日届いた、うまいと言われるお節。
百貨店で値段も見ずに買い込んだであろう惣菜やお寿司やケーキ。

俺は黙って母ちゃんのほうへ行った。
何も言い返せない。いや、口を開いたら恐らく彼女を怒鳴り付けてしまいそうだから。
母ちゃんが楽しみにしていた今日を潰すわけにはいかない。



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:33:51.68 ID:65D8Sv0CO

糞彼女死ねや


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:34:42.46 ID:fPEisrPF0

俺は平静を装い母ちゃんに何か手伝おうか?と聞いたが
母ちゃんは彼女ちゃんもいるんだし座ってな!と言った。
彼女も「俺君~」と呼んで座布団のとこポンポンしていた。
俺は母ちゃんにせかされて彼女の横に座る。
彼女の顔を見るとニコニコしていて俺の大好きだった彼女の笑顔があった。



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:36:07.64 ID:fPEisrPF0

母ちゃんは次から次に料理を運んでくる。
恐らくこの日のために買ったであろう、見たことのない皿とグラス。
準備がととのって、母ちゃんも席について乾杯した。
俺は「すげ~うまそー」とはしゃいで見せた。
母ちゃんも「ね~彼女ちゃんは何が好き?」
寿司を取り分けようとしている母ちゃんが彼女に聞いた。












「私、ピザがすきー!」


机にところせましと並ぶ料理の中にピザはなかった。


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:36:43.99 ID:/cCbKnT60

彼女がうざすぎて駄目だろ


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:39:54.14 ID:fPEisrPF0

俺は言葉がでなかった。
でも部屋の空気は凍りついたりはしない。


「あーーごめんね~母ちゃん本当ボケてるわぁ~ピザとろうと思ってたのに忘れてたわぁー」
母ちゃんが言った。

母ちゃんは、新聞まとめてるビニールからピザのチラシとってきて彼女の横に座って
「彼女ちゃんなに食べたい?」と聞いていた。



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:42:25.50 ID:fPEisrPF0

「母ちゃんいいから!こんだけ食い物あんのにピザなんていらないから!」と俺が言うと
「え~~ヤダヤダ!もうピザしか食べたくなーい」と、
いつも俺に我が儘を言う調子で彼女は言った。

彼女はピザを三枚選んだ。俺が一枚でいいだろって言うと
母ちゃんが「あんた何プリプリしてんの~母ちゃんもピザ食べたいしいいんだよ!」
って言ってピザを注文しにいった。
彼女は俺と母ちゃんのやり取りを見てニコニコしていた。



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:46:32.69 ID:fPEisrPF0

「食べながら待っとこうか」と言う母ちゃんに
「私もうピザの口になっちゃいました」と返す彼女。
「いいだろ。もう食っとこうぜ」って俺が食いはじめても彼女は食わない。
そんな彼女を見て母ちゃんも食わない。



54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:49:29.69 ID:sYIp0Z4j0

本気でぶっ飛ばしたいなこの女


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:50:00.31 ID:fPEisrPF0

俺は食いながら「すしがうまい」とか「天ぷらうめー」って言った。
でも二人とも箸を持ちすらしない。
母ちゃんが彼女の顔色見ながら色んな話しをふっていたが
彼女はさっきとはうってかわって不機嫌な顔をしていた。
返事も「はい」「さぁ」しか言わない。



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:53:02.50 ID:kBAoDLOw0

なあ、作り話なんだよな?
これ本当だったら、この彼女を土下座するまで殴る事になるんだが


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:55:43.91 ID:fPEisrPF0

母ちゃんはそんな彼女と時計を交互に見ながら
「もうそろそろだね!もしかしかたら迷ってるかもしれんから母ちゃんちょっと下見に行ってくるわ~」
って財布もって出ていった。

母ちゃんが出ていったのを確認して 「お前いい加減にしろよ」と彼女を怒鳴り付けた。
彼女は俺をバカにするような口調で「私お腹すくとイライラすんだよね」と言った。

「だったらここにあるもの食えよ」
と俺が言っても
「だーかーらーピザの口なんだってばww」





59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 19:59:50.40 ID:fPEisrPF0

そのとき階段のぼる音がして母ちゃんが「ピザきたよ~」って笑いながら入ってきた。
彼女はいきなりとびきりな笑顔を出して「わーい♪お腹ペコペコ~」とハシャギだした。
俺の頭は混乱したままだった。
ころころと変わる彼女の態度。俺に対してはよくあることだった。
でも俺の母親にまで…



60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:03:40.07 ID:fPEisrPF0

彼女の言う通り俺は本当にマザコンかもしれん。
いや、絶対マザコンだわ。

そう自覚してしまうぐらい、俺は彼女を許せないと感じた。

案の定、彼女はピザをフタ切れしか食べずに「お腹いっぱーい」と言いやがった。

母ちゃんの用意した、お節や寿司や惣菜やケーキを一口も食べなかった。



61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:07:58.94 ID:fPEisrPF0

母ちゃんはそれでもニコニコしていた。
母ちゃん少食なのに机の上に並べられた料理を必死で食べていた。
俺も満腹になっても気にせずがっついた。

母ちゃんは彼女に話をふってるのに彼女は母ちゃんを見もしない。
見てるのは携帯ばかりだった。





62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:09:38.42 ID:kBAoDLOw0

彼女は安価で行動してたんだな・・・


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:13:29.02 ID:fPEisrPF0

これ以上無理だ。
俺は箸を置いて、そろそろ神社行くか?と平静を装いながら彼女にいった。
退屈そうに母ちゃんに生返事をしていた彼女も
「いくいくー」と食いついてきた。
時間は10時すぎでまだ早かったけど、俺はとにかく母ちゃんから彼女を引き離したかった。
「あらそぉ?何のおかまいもしませんで」
って言いながら彼女のコートを取り手渡そうとしたら
彼女は母ちゃんに背中をむけ腕を通してくれってポーズをとった。



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:16:09.12 ID:fPEisrPF0

母ちゃんもすぐに気付いて彼女にコートを着せてあげていた。

俺はもう、ただただ泣き出しそうになるのを必死で堪えることしかできなかった。


いいって言ったのに母ちゃんは下まで見送ってくれた。

彼女の口からは最後までお礼の言葉はでなかった。



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:19:12.89 ID:fPEisrPF0

彼女は俺の腕にしがみつくようにくっついて、いつも以上に甘えた口調で話す。

もう俺の耳には彼女の会話なんて入ってこなかった。

少し歩いてから俺は立ち止まり彼女に聞いた。

「なんで俺の母親にあんな態度だったの?」



66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:21:08.26 ID:fPEisrPF0

「え?あんな態度って?」
と笑いながら聞き返す彼女。
ニコニコでなく、ニヤニヤとした笑いに見えるのはなんでだろう。


「わかってんだろ?俺の母親がお前になんかした?なんか気に入らないことでもあった?」




67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:29:31.74 ID:fPEisrPF0

「わかんない」
ととぼけられたりしても俺は折れなかった。

そんな俺を見て彼女はすっと冷たい顔をして



「そんなに母親がすきなら私なんかと別れて母親と付き合えば」
と言ってきた。

無反応な俺に彼女は

「俺君マザコンだもんね。男は皆マザコンって言うけど俺君は特に酷いと思うよ。
 ハッキリ言って俺君のお母さん、どこにでもいるおばさんだから。
 それを自分の母親ってだけで素晴らしーとか思ってんでしょ」



68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:36:22.10 ID:fPEisrPF0

この言葉をきいて俺はもう本当いいやって思った。
早く家に帰って母ちゃんと年越ししよう。
明日は母ちゃんと今日の残り物食べようとか、考えていた。


「なんとか言いなさいよ!」
ヒートアップしてる彼女が俺を怒鳴り付ける。

俺、もうお前とは無理だわって笑って言ったら彼女は泣き怒りながら
「あんたが付き合いたいって言ったから付き合ってやったんだろーが!調子のんなよ!マザコン!」
って発狂していた。

俺達を無遠慮に眺めながら通りすぎていく通行人。
彼女はそんなのおかまいなしに、俺にビンタして
「何とか言えっ」
と叫ぶ。



69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:40:01.65 ID:fPEisrPF0

俺も母ちゃんをおばあちゃんって言われたときの怒りを少しだして、
二発目のビンタを手で抑えこみながら

「お前とはもう無理だっていってんだろ。二度と俺に話しかけんなよ」って言った。

その後彼女を置いて来た道を戻っていった。




70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:45:51.16 ID:fPEisrPF0

母ちゃんは俺の帰りが早くて驚いていた。
心配かけないよう、彼女の友達と途中であって一緒にいこうってなったんだけど~…って適当に嘘ついた。

母ちゃんは彼女こんな何もない家で退屈だったんじゃ…とか
ピザ買ってこなかった自分を責めたりしていたが、
「彼女が自分で頼んだに食べきれなくてすいませんって言っててって。
 あと、アイツ緊張して携帯ばっか見てたことも謝ってたわ」

って言ったらやっとホッとした顔見せてくれた。



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:50:12.53 ID:fPEisrPF0

俺はアドレスをかえて彼女の番号を着信拒否した。
そして始業式があり翌日からは通常授業が始まった。

友達には特に何も言わなかった。朝、昼、放課後といつも一緒だったけど
これから一人だし、どうせ彼女のほうから女友達にいって
別れた噂とかすぐ広まるだろうなーって思っていた。



73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 20:57:35.06 ID:fPEisrPF0

何日かして男友達から別れたことをネタにされたりして弄られた。
それでやっと「あぁ、ほんと終わったわ」って安心した。


三年にあがって俺は女子に喋ったり遊びにいったりできる友達ができた。
今までは彼女の彼氏って感じで話しかけにくかったんよ~とか言われた。

勉強しつつもバイトは続けてたまに母ちゃんに化粧水とか買ったりした。

大学も合格できて後は卒業だけだーってなったとき



75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:00:30.83 ID:fPEisrPF0

彼女からメールがきた。

しかも夜中の一時に。

「俺君、私なんだけど寝てるかな?起きてからでいいので下まで来てください。それまで待ってます」



玄関をそっとあけて手すりから下を見たら彼女が立っていた。





76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:03:36.15 ID:fPEisrPF0

会いたくないし今更話すこともないだろって思ったけど
時間が時間だし、俺の家のまわりは暗いからとりあえず下にいった。

彼女は付き合いはじめと変わらない様子で
「俺くぅん、」
って抱きついてた。



78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:06:51.74 ID:fPEisrPF0

万が一エロい雰囲気になっても流されることは絶対ないって自信はあったけど、
暗いし人いないしで根も葉もないこと言われたら困るんで
「とりあえず家まで送るから。 歩きながら話しきく」
って言って明るい道歩いていった。



77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:05:08.43 ID:KzGxi5Tw0

>>1にとってはもちろんこの彼女可愛かったんだろうけど、客観的に見てどれくらい可愛いの??


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:12:12.27 ID:fPEisrPF0

>>77
雰囲気はaiko 。
俺と付き合ってから俺の貢ぎ物でキレイ系にかわっていったけど男子には人気がちょいあった。


続き

彼女は歩きながら俺の腕にしがみついてきた。そして俺の後に付き合った男の話をする。

「もうスッゴク好きなの…彼以外考えられない」って。
じゃ、その彼氏のとこ行けよって心で呟きながら無言で歩く。



81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:17:39.63 ID:fPEisrPF0

彼女はずっと今彼氏の自慢話をしていた。
一通り話終えた後、俺君は彼女は?って聞いてきて「いない」って答えたら
ニヤニヤしながら〇〇さん(女子友達)俺君が好きなんだよって言ってきた。

絶対嘘だと思ったから特にリアクションはしなかったけど、
彼女は「俺君はどう思ってるの?」「彼女ほしくないの~」とか質問攻め。





82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:19:37.67 ID:0zlrTL160

クズ杉だな


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:21:31.90 ID:fPEisrPF0

適当に切り返して彼女の家に到着。
じゃ俺帰るからって言ったら彼女はつかんでいた俺の腕を握りしめてきて
「ねーまた付き合ってあげてもいいよ」

って言ってきた。



85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:26:14.24 ID:fPEisrPF0

俺は耳を疑った。そして彼女の神経も疑った。
別れた日からずいぶん時間はたったが俺はあの日の彼女の態度を忘れられなかったから。


「はは、っつーかお前とはもう付き合わんよ。」
と何とか冷静に断ったが彼女は食いつく。






86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:30:54.12 ID:fPEisrPF0

「なんで?」
「あんなに私のこと好きだったのに?」
「そんな簡単に嫌いになんの?」
「その程度だったの?」


なんで昔に別れた彼女に責められにゃいかんのだ…って思いつつ
「とにかく無理だから!」
って言って走って帰った。

帰宅した頃には10件ぐらいメールきてて、本当勘弁してくださいって気持ちでアドレス変えた。



87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:33:20.12 ID:fPEisrPF0

それから誰にもアドレスを教えなかった。男にも女にも。あ、母ちゃんには教えたけどな。

学校でももうとっくに終わった二人になってたから話しかけられる事はなかったけど、
何となく怖くて女友達にだけ相談した。



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:37:46.64 ID:fPEisrPF0

というか、本当はお前がバラしただろって少し疑ってた。

で、それを聞いたら
「は?教えるわけないじゃん。っつーかアイツ嫌いだから」
って言われた。

彼女は俺に対しては傲慢だったがそれは俺だけにだった。
学校では本当に大人しかったし男子にもちょい人気あったし、いつも友達とくっついてたから。
だから彼女を嫌っている人がいたことにビックリした。



89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:44:42.27 ID:fPEisrPF0

嫌いな理由は俺と付き合っていたとき、自分はどれだけ愛されているかを自慢してきたから。

なんじゃそりゃって思ったが話を詳しく聞いたら

「私が行きたいって言ったら毎日スターバックス連れてってくれるの」
「クリスマスには私とお揃いでヴィトンの財布買ってくれるの」
「似合うからって買ってもらっちやった」
「心配だからって毎日送り迎えしてくれるの」


とか言いまわってたらしい。
んで、その態度が「私はこんなに愛されてるのよ、羨ましいでしょ」ってなふうに感じたって。



91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:48:29.80 ID:fPEisrPF0

「知ってるかもだけど彼女今彼氏いんのよ。」
知ってるって答える前に
「でもうまくいってなくてブッチャケ焦ってるよwwww
 あんたと別れた後も必死に紹介頼んでいて何人かと付き合ったけど
 みーんなにフラれてるしww」



こええーー!女友達の悪口言う顔が怖かった… 。





92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:51:47.13 ID:kBAoDLOw0

女って怖いんだよ


93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:51:54.78 ID:fPEisrPF0

「あんたより戻すのだけは止めてよね。
 アイツ調子にのるし、あんたもいいように利用されるだけだからね。」

と有り難い忠告を受けた。

俺も元サヤは絶対ないし、このまま卒業したら彼女とももう会うことないし…と楽観的だった。



94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:55:28.07 ID:pRk2B+94i

だった・・・だと?


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:56:01.64 ID:0zlrTL160

おいおい…


96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:56:31.79 ID:fPEisrPF0

で、学校は段々と適当になってきてバイトに専念するようになった。
車の免許がほしいからとりあえず金が欲しかったんだ。

で、その日は夜10時に帰宅。
母ちゃんの自転車見て「あ、帰ってきてる」とか考えて階段上がって玄関あけた。

足ダルーとか考えながら靴脱ぎ捨てて家に一歩はいると、なんか匂う。




97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 21:58:02.43 ID:kBAoDLOw0

まさか・・・


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:00:48.66 ID:fPEisrPF0

ガスとかボヤじゃない。
臭いというより、香り。
石鹸でもない。洗濯物でもない。
いい匂いだけど胸騒ぎがする。

廊下を除きこんだ母ちゃんと目があった。

「やっと、帰ってきたか~おいっ携帯置いていったら携帯の意味ないだろ~」
とか話しかけてくるんだけど、俺は脳ミソの引き出し開けるので必死で返事ができない。



99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:00:51.21 ID:0zlrTL160

おいおい!


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:04:16.10 ID:fPEisrPF0

母ちゃんはいつもよりニコニコしている。
「あんたに、お客さんだよ。ず~っと待ってたんだからね。」




俺の記憶の引き出しから出てきたものは




俺が彼女にねだられて買った、サムライウーマン(名前違うかも)だ。





101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:04:33.18 ID:223wQ3pP0

元カノきた?


103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:05:09.40 ID:0zlrTL160

きたあああああああああ


105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:08:12.54 ID:fPEisrPF0

台所にはいると、彼女がいた。

「あんた、ほんと携帯ちゃんと携帯してよ」
って言う母ちゃんの言葉が右から左に流れていった。


俺は冷静を装いながら彼女に「とりあえず部屋いこっか」って言った。



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:12:04.94 ID:fPEisrPF0

「ご飯持っていくよ」っていう母ちゃんの好意を断り、彼女と二人俺の部屋へ。

部屋にはいったもののなんて言えばいいかわからなかった。
俺が黙っていると彼女は俺の腕にジャレながら
「ふふふ、ね~驚いた?」
って聞いてきた。



107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:16:01.46 ID:fPEisrPF0

口の中どころか喉ち〇こまで緊張で乾燥していた俺は
「おま…頼むから…勘弁してくれよ」って言った。

いつ家にきたのか、母ちゃんに何か言ったのか、言ったのなら何を喋ったか
色々聞きたいことはあったけど、もう頭はまわらん声は出ないでその後何も言えなかった。



109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:22:14.38 ID:fPEisrPF0

彼女の絡まる腕をほどいて、ベッドに腰かける。

ずっと沈黙だったから顔を上げて彼女を見たら泣いていた。


「どうしたんだよ」って聞いたら


「俺君かわったね…前は何があってもそんな言い方しなかったのに…」

コイツ本当に何しにきたんだよ…って思いつつも、
「俺達去年の大晦日に別れただろ?俺は誰とも付き合ってないけど、
 お前は今彼氏いんだろ?何があったか知らんけど行くなら彼氏のとこ行けよ」

って優しくも厳しく言った。



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:26:21.49 ID:fPEisrPF0

「……………ない」

聞き取れない。
「なに?」


「彼氏もう、いないの!

卒業したら同棲しよって言ってたのに…皆、私には嘘ばっか…」


みたいな事言いながらまた泣き出した。





111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:27:30.57 ID:FKG1BAEC0

あの、本気でうざいんですけど、彼女が。


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:30:45.46 ID:fPEisrPF0

「だからって別れた昔の男のとこ来てどうすんだよ…」
突き放すように言ったら彼女は目を見開いて驚いていいるかのような顔でこっちを見た。


「あんたと別れてからこんなんになったんじゃない!
あんたに降られさえしなければこんな思いもしなかったんだよ!」


夜遅いとか、ここ俺の家とか全く考えてないんだろうなー…っては勢いで怒鳴りだす。



116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:35:57.88 ID:fPEisrPF0

一通り怒鳴ったらまた泣き出した。

「俺もう疲れてるから。話ならまた聞くけどとりあえず今日は一人で帰れよ。」
いつも何となく半端に優しい俺だけど、この日は最後まで冷たい態度を貫いた。

彼女はぶちギレた顔して帰るわよって叫んで部屋から出た。
とりあえず俺もついて行くと居間には気まずい顔した母ちゃん…



119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:42:30.31 ID:fPEisrPF0

乱暴に歩く彼女の後ろを歩く俺の後を追う母ちゃん。
さすがの母ちゃんもなんて声かけたらいいかわからなかったみたい。

でも彼女が帰るときに小声で「送っていきなさい」って言ってきて
俺が首横にふると母ちゃんが彼女に
「タクシーよぶから待ってなさい」って声かけた。



120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:50:28.79 ID:fPEisrPF0

そしたら彼女が振り向いて、
その顔は泣き顔でも怒ってる顔でもなくてなんか清々しいというか、
変に自信がみなぎってる顔で





「結構です。うちは電話したら父が迎えにきてくれますから。
 俺君にはお父さんいないけど、私にはいるんです。」

って言ってきて唖然としている俺と母ちゃんの顔を何度も交互に見ながら笑って





「たった一人の親がこれだと俺君も苦労するよね」


って言った。



121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:52:53.83 ID:iIO4z8NZi

おい
なんだよこの糞女

お前なんでこんな糞と付き合ってたの?
マジ一生の汚点じゃん


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 22:59:08.72 ID:fPEisrPF0

それを聞いたとき、彼女の言葉の意味をすぐには理解できなかった。

でも俺は彼女に飛びかかろうとしていた。

彼女の言葉の意味をすぐには理解できなかったけど、
母ちゃんバカにされたってのはすぐにわかったから。



131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:05:33.46 ID:fPEisrPF0

俺は彼女を取っつかまえてぶん殴ってやろうとしたけど母ちゃんが必死で俺の体にしがみつく。

「やめなさーい!俺!だめ!やめてーっっっ」
って母ちゃん叫んで、
俺と彼女の間に入ってきて俺の髪の毛鷲掴みにしながら
「やめなさいっ」って怒鳴ってた。



132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:10:10.94 ID:fPEisrPF0

母ちゃんは髪の毛つかんで俺の顔を自分の方に向けようとするけど、俺は彼女から目をはなせない。

ぶち○すとか物騒なこと言いながら母ちゃんの後ろにいる女に吠えていた。

彼女も彼女で
「ほんとのことだろーが!だからテメーもキレてんだろっっ」
て啖呵きってるし。



135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:20:32.68 ID:fPEisrPF0

母ちゃんは「早く出なさいっ」て俺から視線離さずに彼女にいった。
彼女が鍵あけて出ていこうとしたとき母ちゃんの体ごと俺の後ろに投げてやろうとしたけど、
いざ母ちゃんの両肩つかんだら力ぬけた。

母ちゃん、ほっせぇ…


んで、やっと母ちゃんと目があった。

母ちゃん、ふけたなぁ…
昔から老けてたけど本当すげえ老けたわ…
母ちゃん、小さいな…
俺が母ちゃんの背をぬいたのっていつだったかな…
母ちゃん、白髪ふえたな…
肩ほそいな…昔、おんぶされてたときはもっと肩幅ごつかったろーが…



138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:28:32.70 ID:fPEisrPF0


彼女がでていったけど、もうどうでもよくなってて
母ちゃんに何て言えばいいかわからずその場でしゃがみこんで泣いた。

母ちゃんは鍵しめて、
「なーに泣いてんだよっあかんたれっ」
て頭叩いてきた。

「昔っから女の子は絶対叩いちゃ駄目だって言ってるでしょーがっ」

久しぶりに聞いた、俺にたいして強気な母ちゃんの声。

昔はこうだった。優しいけど、悪いことしたら強くて少し強引な口調で俺を注意した。

俺が間違ったことをしようとしたら力づくで止めていた。

「ほんとに、俺君は優しいんだから…」

俺を叱った後は必ず俺を誉めて慰めてくれた。





139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:36:00.98 ID:fPEisrPF0

このあと、俺は泣きながら自分の部屋に戻って気付いたら寝てしまっていた。
翌朝、俺はやっと母ちゃんに謝れた。嫌な思いさせてごめんって。

そしたら母ちゃんは
「だーれも悪くないんだから謝ることないよ。そのかわり俺君ももう怒っちゃだめだよ」
って言っていた。


結局彼女とはそれっきりだった。
廊下でたまに会ったりしたけど、俺は見ないようにしていたし多分向こうもそうしてたと思う。



145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:42:01.31 ID:fPEisrPF0

母ちゃんと俺と彼女の話しはこれで終わりです。
実話だし、俺と彼女の話しはもっと色々あったけど長すぎるのもなぁ…って思ったから途中省略した。
でもこうやって思い出すと何だか不思議というか、ちょっと不憫な子だったかもしれん。
俺が彼女に、我儘を受け入れられるのが愛されてる証拠って勘違いさせたのかもだし…。



148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:48:09.69 ID:FKG1BAEC0

いや、彼女は真性の屑だった。この認識をお前は変えてはいけない。
若気の至りでは許されないことをやってるんだから。


151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:54:21.27 ID:fPEisrPF0

んでんでんで、俺が今日このスレをたてた理由は
やっぱ母ちゃんスレを読んだら「あ~俺も母ちゃん大事にしなきゃ…」とか思うじゃん。
俺も実際そうだったし母ちゃんスレを読んだ日は
母ちゃんに手土産もって帰るようにしたりしてたんだよ。
でも、母ちゃんっていっつもそばにいていっつも笑ってくれている。
俺が何をしても、何もしなくても。
だから母ちゃん孝行って何か持続しないじゃん。

今度旅行連れていってやろう、今度料理つくってやろう、
今度今度で後回しにしてたら母ちゃん倒れやがった。



155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/22(土) 23:59:06.21 ID:fPEisrPF0

くも膜下だったわ。聞いたことある病名だけど、調べたらPCの前で号泣したわ。

いつも笑ってくれている母ちゃんは病室でも笑ってくれている。
でも、俺が母ちゃんのそばにいようとしたら嫌がるんだよね。

仕事は?仕事の付き合いは?母ちゃんはいいからって。





156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/23(日) 00:01:35.70 ID:O9/S19BGi

最後に泣かせんなよks


157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/23(日) 00:02:05.90 ID:Zp3M9ZVr0

母ちゃん倒れてから焦って親孝行するよりも、
元気なうちにしとくもんだぞーって何となく言いたくなった。
皆知ってるだろうけどさ。


とりあえず深呼吸からの









よっしゃ!

俺もっと頑張るわ。みんなクソスレに付き合ってくれてありがとー




160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/23(日) 00:12:36.40 ID:wkpZB23T0


親孝行してくるかな



[ 2011/10/25 09:32 ] カーチャン | TB(-) | CM(0)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 福岡賃貸不動産 通販王国

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス) この中に1人、妹がいる! 7 さくら荘のペットな彼女 7 (電撃文庫) エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~(通常版) 予約特典ドラマCD付き
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア) テレビアニメ『ペルソナ4』 ねんどろいど 天城雪子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

■最新記事■
Powered By 我RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。