もかろぐ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 兄弟 > 双子な俺に波乱を持ちかけた女の子の話したる












スポンサーサイトこのエントリーのはてなブックマーク数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

双子な俺に波乱を持ちかけた女の子の話したるこのエントリーのはてなブックマーク数


296


1 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:03:43.28 ID:wRSWZ9Ge0

双子の俺と弟の関係が一時危うくなった
2年前のお話

立ったら語る




2 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:06:51.36 ID:wRSWZ9Ge0

当時俺16、もちろん弟も16
喧嘩多いが仲いい双子・・・だと思ってる



3 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:09:07.00 ID:wRSWZ9Ge0

同じ高校に入学して、しかも進学組だったんで
たまたま同じクラスになった

中学時代はまったく恋愛経験なかったため
高校でいい出会いがあるかなと期待してた俺



5 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:11:28.77 ID:wRSWZ9Ge0

進学組でまじめ君が多かったためか
全く互いを知らない者同士の教室は
凍り付いてるぐらいしけていた

俺も話す相手は中学の同級生3人
(たいして仲良くない)だけだったし
暇だった俺はずっと可愛い女の子ばっか探してた



6 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:14:17.32 ID:wRSWZ9Ge0

・・・とまぁ周囲見渡してみたんだけど
全く可愛い子いなかった
なんていうかまじで中学時代にいた女子が天使に思えるぐらい

担任の先生も中国人みたいで
めっちゃ真面目で起こったら怖そうな人だったし
本当に青春はあるのだろうかと悩んでいた



7 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:16:41.47 ID:wRSWZ9Ge0

さっそくだが
俺の通ってた高校では選択授業で
音楽 美術 書道 があった

もともと漫画家志望だった俺は
この3つの中では美術しか当てはまらなかったため
美術を選択したんだが

弟も絵かくの好きだったので同じ美術だった



8 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:17:44.27 ID:wRSWZ9Ge0

このように立て続け
学校もクラスも選択授業も同じだったためか
当時は弟についてくんなよ!
って嫌悪感抱いていたよ

今となってはどうでもいいことだが



10 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:19:07.23 ID:wRSWZ9Ge0

この選択授業 美術を選んだがために
俺の初めての高校の青春に
悪魔の足音が近づいてくることになるのだが



11 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:21:24.35 ID:wRSWZ9Ge0

さてさて、選択授業の美術の時間
俺の偏見かもしれないが
美術=静かで可愛い女の子がたくさんいる

って変な妄想していたから
初めての授業はめっちゃ期待していた



13 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:24:01.12 ID:wRSWZ9Ge0

それに、絵をかくことについては自信があったため
「わぁぁ 俺君 絵うまいね」
「どうやったらうまくなるの、私に教えてよぉ」

なんていう人前じゃ語れないぐらい
想像がたくましゅうござった



15 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:26:28.04 ID:wRSWZ9Ge0

だがやはり現実は厳しかった

美術=静かで可愛い女の子がたくさん
なんて偏見は一気に砕けおちた

何ていうか
静かというより周囲の女の子の第一印象

暗い
怖い
ブス

の3大要素がそろっている人が多かった



16 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:29:00.73 ID:wRSWZ9Ge0

んで美術はやっぱりモチーフを机の上において
色彩構成したりデッサンしたり
・・・とまぁ想像通りの授業内容の説明を聞いた後

とりあえず配置された席に座って
一人ずつ教卓前で軽く自己紹介



17 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:31:29.94 ID:wRSWZ9Ge0

ちなみにこの美術の授業だが
生徒の構成が
進学組、つまり一組と二組で計40人ぐらい?

俺は出席番号が近かったため
けっこう初めに自己紹介した



18 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:35:06.11 ID:wRSWZ9Ge0

当然 双子だったんで
俺につづいて弟が自己紹介したときは
皆 ちょっと不思議そうな表情していた

不思議そうな視線は
いつものことなのでたいしたことないと思ったんだが
今回だけは苦痛だった

なんか前にたって
あらためて周囲見渡してみると
やっぱ想像違いの女子ばっかで幻滅した



19 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:37:22.75 ID:wRSWZ9Ge0

それで、俺も弟も終わったあと
次へ次へと軽く自己紹介

続いて一組の女子の自己紹介が始まった



20 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:40:24.33 ID:wRSWZ9Ge0

女子のほとんどが
声小さくて聞こえなかったな

なんか堂々と
暗いと思われがちですがよろしくお願いします
って言ってる子もいたからびっくりした

んで変わらず
次へ次へと軽く自己紹介

それまで全く可愛い子でない
もうはっきりいって
自己紹介聞いてる間抜け殻になってたと思う



21 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:42:09.83 ID:wRSWZ9Ge0

だが次の瞬間

そんな抜け殻の俺に
神々しい光が俺の顔面にバッファロー

天は我を見放さなかった



22 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:44:43.08 ID:wRSWZ9Ge0

身長 155ぐらい?
誰に似ているかと言われたら答えにくいが
とにかく可愛かった

雰囲気は妹系
ロリコンがさわぎそうな顔
多分 妹ほしいて思ってるやつらはパンツ脱ぐわ



23 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:46:59.81 ID:wRSWZ9Ge0

え こんな子いたっけ?
俺が見渡したときはいなかったけど
いや んなこたぁどうでもいい

彼女を作るならあの子に決めた!
て内心はしゃいでたわ

その子は
今でもクラスの妹アイドルって
男子の中では騒がれていた



25 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:48:30.55 ID:wRSWZ9Ge0

その子の呼び方何にしようか

安価で
>>28

なんでもいい 決めて



28 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:49:15.45 ID:OlpPGK10O

ナミ


30 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:50:56.68 ID:wRSWZ9Ge0

OK ナミか

自己紹介が終わった後
ナミは自分の席へ向かった

もちろん座るまで俺 その子見てた
下心ないけどストレートにかわいかったから
誰でも目いくとおもう



31 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:52:13.04 ID:wRSWZ9Ge0

どこに座ってたんだ
こんな可愛い子に気付かなかったって
俺の目は節穴か?

て思いながら目で追っていたんだが
なんとナミの席の隣は


弟だった



32 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:54:07.20 ID:wRSWZ9Ge0

席は近くだった
声かけようかとおもったら
いつでもかけれる距離だったけど

そこには
恋愛の話はタブー化される絶対神

弟の存在があった



33 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:56:40.90 ID:wRSWZ9Ge0

なんか焦った
別にまだ好きって訳でもなかったし
ひとめぼれしてもなかったんだけど

俺の隣はまさにオタク顔の
なすび君(今でもついてるあだ名)がいて
弟の隣は妹アイドルのナミがいた



34 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 22:59:58.97 ID:wRSWZ9Ge0

さて、その日は自己紹介だけで終わった

火、木と二日あけて美術があるんだな
初日は火曜日だったから
木曜日になったら本格的にデッサンとか色彩とか
作業にとりかかるんだろうな って思っていたけど

やはり気になるのは
弟とナミの距離感だった



35 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:02:10.26 ID:gRbL1NEk0

マンガとかドラマとかでも兄弟だと
兄は死亡フラグしか立たないから損な役だよな!



37 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:05:59.13 ID:wRSWZ9Ge0

>>35
それが現実でも起こってるから不思議なんだよな



36 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:03:17.41 ID:wRSWZ9Ge0

さて、美術二回目突入

授業内容は人物デッサンだった
美術の先生が教卓前にたっているから
50分で模写しろって感じ

人物の模写は俺の得意ジャンルだったので
すごいはりきりながら取り組んだ



37 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:05:59.13 ID:wRSWZ9Ge0

人物デッサンは基本
鉛筆でサイズはかりながら○で何頭身かかきこんで
順々にかきこんでいく・・・

こんなの朝飯前だぜ

って集中してかいてたんだが
やはりチラチラ話し声は聞こえてくるんだよな



38 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:07:56.91 ID:wRSWZ9Ge0

でもそんなの気にせずに黙々とえがく

誰が何を話そうが俺には関係ないし
何か知らないが絵かいてるときって
マジで小宇宙の世界にのめりこむんだな



40 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:10:37.29 ID:wRSWZ9Ge0

つまり
それぐらい真剣にデッサンは集中できる

て自分の中で思ってた
いや そう思い込んでいた

妙に聞いたことある声が
俺の鼓膜をじわじわせめてきた



41 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:12:17.57 ID:wRSWZ9Ge0

後ろでぺちゃくちゃ話すなよ
誰だよ 耳障りなんだよ

デッサンぐらい集中しろや

・・・ん?この声は・・・





44 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:15:12.68 ID:wRSWZ9Ge0

あいつ人見知りで
ちょっとネガティブ思考で暗い感じなのに
もうはやから友達できたのかよ

そう思えることが幸せだったと思う


あゝ無情


なんと話していた相手はナミだった



45 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:19:40.28 ID:wRSWZ9Ge0

しかも話している内容ちらちら

ナミ「弟君うまいね」
弟「そ そう?ナミさんのほうがうまいって」
ナミ「え~そんなことないよぉ」




らmたkじおがhrじ;hが;いs



47 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:21:56.27 ID:wRSWZ9Ge0

可愛いがだけに
俺は弟とナミの会話にかなり妬いてしまった

俺のそばで話すなぁぁぁぁぁ
やめろやああああああああああ

ってなったよ
あの感覚 今でも思い出すときゅんとする



48 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:23:39.70 ID:wRSWZ9Ge0

当然 デッサンなんて集中できない

もう妬いたらすべてくるってしまうし
絵が得意 集中するの得意なんて全部がせになる

かきおわった完成品みると
モチーフの先生 のっぺらぼうだった



50 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:26:52.28 ID:wRSWZ9Ge0

その日の美術終了

何故か知らないが二人が話しているところ見るだけで
いかれそうになるから
俺は早足で教室にもどった

これで気が楽になったとおもいきや

教室から廊下のぞいてみると
楽しそうに かつ 恥ずかしそうに
話している光景が目にはいった

俺 涙目(;ω;)



49 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:25:49.96 ID:zTjcH7210

お前が横恋慕してるだけやん
もっと絡みがないとおもろない


51 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:28:57.50 ID:wRSWZ9Ge0

>>49 
最後まで聞けって

美術3回目

俺はこのまま二人が恋愛関係に陥ったら
嫉妬しすぎて死ぬかもしれんから

美術の席も近いし
どうにかして俺からアタックしようと持ちかけた

そこでまず行った行動


わざとナミの近くに鉛筆おとす



52 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:30:08.50 ID:wRSWZ9Ge0

多分 はたから見たら
「あ こいつわざとおとしやがったな」
ってなるぐらい下手だったと思う

そんな人目は気にせず
遠慮なしに ぽいってやった



53 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:31:27.09 ID:wRSWZ9Ge0

だがうまくいかなかった

全然届いてなかった
ていうかこんな時にかぎって
ナミじゃなく弟の近くに落ちた

弟 それ見てたのか知らんけど

弟「俺 何してんだ?」


うるせえ お前にようはねえんだよ



54 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:33:12.74 ID:wRSWZ9Ge0

弟が親切にひろってくれたのは裏目
余計 苛立ってしまった

その日は何もできなくて終了
ちなみにモチーフはブスな女の子

描き終わった後の絵みると宇宙人だったぜ



55 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:33:56.55 ID:gRbL1NEk0

見てると恥ずかしくなってくる...


57 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:39:08.52 ID:wRSWZ9Ge0

>>55
だろ、書いてる俺も恥ずかしいわ



56 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:36:13.69 ID:wRSWZ9Ge0

美術四回目

相変わらず二人の話のペースは止まらない
もうこしょこしょ話している声が
俺には黒板で爪ひっかくより不快な雑音だった


何うれしそうに話してんの 弟
にやにやするんじゃねえよ
ナミもずいぶんうれしそうですね ね

マジでイライラしたが
デッサンに集中しなきゃいけないので
前向いてひたすらかく



57 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:39:08.52 ID:wRSWZ9Ge0

美術5回目 6回目・・・???回目

あいかわらず調子は変わりません
ちなみに鉛筆おとす作戦は2回で中止
どうせ落としても弟がとるし

ちなみに俺の隣のなすび君
「俺君絵うまいね」ってほめてくれた

でもなんだろう
ほめるとほめるだけ殺意がわいてくる



58 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:39:25.62 ID:A+WqL99Q0

進展無さすぎ
このまま一年終わるんじゃないよな?


60 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:43:34.43 ID:wRSWZ9Ge0

>>58 
完結してる



59 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:40:10.90 ID:wRSWZ9Ge0

何回か覚えてないがしばらくこんな調子が続いた

だがここからもっと俺を苦しめる現実が
立ちはだかることになる



60 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:43:34.43 ID:wRSWZ9Ge0

夜はリビングで家族集合

弟 なぜか楽しそうに携帯いじってる

何してるのか聞いてみた
「何?携帯の無料ゲームやってるんだけど」

あぁそうですかと うなずけるわけがない
ゲームするだけなら
なんで俺が近づいてきたら携帯の画面隠すんだよ

絶対あやしいし

そこでテレビ見てますよぉとふりしながら
こっそり携帯の画面 のぞくことにせいこう

・・・ん これは 

もしやメールか!???



61 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:45:30.78 ID:wRSWZ9Ge0

『宛先 ナミさん』

確かにはっきり見えた
なんと
知らない間にメアド交換していた

俺 発狂しそうになった
鉛みたいな飯くった後 
ベッドで意味もない土下座

くやしくてどすどすしたら

母「うるさい!!!」

ごめんなさい、
でもそれぐらい俺にはつらいことがあったんです



64 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:49:05.11 ID:Ot3ED6ks0

俺も双子だけど、こういうのマジでつらいよな


66 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:54:29.94 ID:wRSWZ9Ge0

>>64 
だよな、分かってくれるやついてうれしいぜ



62 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:47:18.29 ID:wRSWZ9Ge0

翌日 弟とナミを見る目がますます変わった

もうその頃はクラスで友達できたんだけど
友達の話より弟が話してる内容が気になって仕方がない

そんなことがあって
しばらくして席替えがおこなわれた



63 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:48:55.08 ID:wRSWZ9Ge0

席替えの結果

  教卓 
  
□□
俺□
ナ弟
□□・・・


うぬはあの星が見えるか



65 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:51:13.74 ID:wRSWZ9Ge0

ここで普通はナミの近くだ
やった うれしい!!てなるとおもうけど

近くに弟がいた
そしてナミは弟のテリトリー内にいた

授業中にもかかわらず後ろから話し声

いつになってもぺちゃくちゃ話し声

マジで泣きそうになった



66 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:54:29.94 ID:wRSWZ9Ge0

俺が話すことができるチャンスは
一日一回あるかどうか
授業中は弟とおしゃべり
休み時間は弟もしくは 女友達

もうどこいても弟しかいなかった
プリントを後ろに回すとき 話しかけたんだけど

弟の目線が怖かった怖かった!!
般若みたいに睨まれることあるんだよ

しかも俺がやっとのことで
ナミと話しているってのにかまわず
横槍で 弟が乱入

まじうざ



68 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:59:06.25 ID:A+WqL99Q0

双子って
なんでも腹割って話せるのかと思ってたよ
案外苦労あんだな



70 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:00:55.10 ID:wRSWZ9Ge0

>>68 
うぬ、絶対に恋愛やSEXについての話はタブー



67 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/16(木) 23:57:20.46 ID:wRSWZ9Ge0

そのまま 2、3週間がすぎたころ

弟はまだ付き合ってなかった(雰囲気でわかる)が
もうすでに弟はナミを自分の女にしたかのような振る舞い

はっきりいって俺のほとんど出番


帰り道 自転車おもいっきりこいだ
叫びはしなかったが憎しみは足裏とペダルに向けた



69 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:00:06.05 ID:wRSWZ9Ge0

さて、翌日
この日も美術あったんだがまぁ状況はいつもどおり

そんでぐだぐだ時間ながれて
あっというまに帰りの時間 HRも終わり

部活いこうと席をたったそのとき


ここからが本番
波乱のはじまりだった



71 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:02:48.95 ID:wRSWZ9Ge0

ナミ「俺くん ちょっといい?」


ん?え 俺?弟じゃなくて?

そう、このとき
俺は『初めて』ナミから話しかけられた

ちなみに弟まだ近くいた



72 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:03:28.47 ID:VBrBn8zA0

ナミ「メアド交換してくれない?」

俺「」


え マジで



73 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:05:14.21 ID:wRSWZ9Ge0

俺「え、うん もちろんいいよ」

ナミ「ほんと!?ありがとう
じゃ 紙にメアドかくからちょっとまって」


マジええええええええええええ

俺 有頂天!!
心の底から心臓の音が聞こえた

マジでうれしかった


だが近くに弟がいた



74 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:06:08.88 ID:VBrBn8zA0

ナミ「はい、どうぞ
それじゃ俺くんのメアド教えてくれない?」

俺「あ もちろんいいよ
ちょっとまってね」


だが近くに弟がいた



75 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:08:11.59 ID:VBrBn8zA0

俺「はい」

ナミ「ありがとう
何時ぐらいにおうち帰るの?」

俺「ええと今日は部活ないから
4時ぐらいかな」

ナミ「じゃ かえって メールする!じゃ ばいばい」

俺「うん わかった それじゃね バイバイ」


だが近くに弟がいた



76 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:10:17.91 ID:VBrBn8zA0

俺は部活さぼって光の速さで自転車こいだ

だが家にかえったらすこし冷静になった
メアドもらったのはうれしいが
その時おれはずっと弟の気持ちを考えていた



77 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:15:19.01 ID:VBrBn8zA0

客観的にみても皆分かるとおもうが
弟はナミに惚れている

そのため毎日弟は俺に隠しながらナミとメールしたり
授業中や休み時間にナミと会話している

弟は弟ながら近づこうと努力しているのに

こんなことがあっていいのだろうか??

真剣になった



79 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:18:45.60 ID:VBrBn8zA0

俺だってメアド交換はどれだけ夢みたことか
クラスの妹アイドルにメアド交換されるなんて
漫画かドラマでしか見たことない展開だぞ

だが弟はこれからいったい・・・

無駄に正義感が働いたのかすこし鬱になった



81 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:22:01.78 ID:VBrBn8zA0

そう考えている間
俺はナミとメアド交換している最中の弟を思い出した

すごく悔しそうな顔してたし
すごく腹立たしそうな顔していた

10分ぐらい考えていると
俺の勝ち気取った感情は
風船のようにしぼんでいった



82 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:23:34.49 ID:VBrBn8zA0

なんかメールすることに抵抗を感じた

俺はとりあえず自分の部屋に向かい
布団に寝転んだ

ずっと悩んだ始末、
1時間ぐらい眠ってしまった



83 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:24:38.99 ID:VBrBn8zA0

するとメールの着信音で目がさめた

寝ぼけた俺は誰だ?なんて考えたが
すぐに我にかえった

ナミからのメールだった
「俺君 こんにちは
今なにしていたところなの?」



84 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:25:57.54 ID:VBrBn8zA0

俺「こんにちは
ついさっきまで昼寝してたかな」

ナミ「へぇ 眠ってたんだ
ちょっとかわいいね☆」


久しぶりの女の子からのメール
デコレーション絵文字が
何ともいえないぐらい可愛かった



85 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:27:59.98 ID:VBrBn8zA0

俺「そう?なんか恥ずかしいなぁw」

ナミ「今日は部活なかったの?★」

俺「まぁ ちょっと疲れてたから今日は休んだ」

ナミ「へえ★だから寝ていたの★」

★はデコ絵文字だとおもって



86 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:28:46.67 ID:VBrBn8zA0

ナミ「ところで俺君☆
今 時間あいてる??☆」

俺「うん、空いてるよ」



87 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:29:14.11 ID:VBrBn8zA0

ナミ「電話しない☆?」

俺「」



88 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:32:42.70 ID:VBrBn8zA0

今でもはっきり覚えてるんだが

このとき弟がナミに対しての純情のせいで
後ろめたさがあった

電話はできなかった

電話すると 弟に申し訳ないし
裏切ってしまうんじゃないか・・・て
ブルーになってしまった



89 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:33:36.58 ID:VBrBn8zA0

俺はどうにかして電話を回避するため

俺「ごめん 眠くて声でないんだ」
てしょうもない嘘でごまかそうとした



90 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:35:28.24 ID:VBrBn8zA0

するとこう帰ってきた

ナミ「好きな人を思い出したら目がさめるよ☆」


自意識過剰かもしれんが
この時点でナミが俺に好意いだいている
と確信してしまい

よけい 弟にたいしての罪悪感がのしかかってきた



91 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:36:52.85 ID:VBrBn8zA0

俺はこの返事に困った

話をそらすしかない・・・と強引に話題を変えようとして

俺「まぁ それより ナミさんは今日部活やってたの?」

て送った



92 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:38:19.98 ID:VBrBn8zA0

すると さっきまで可愛くデコッたメールは豹変した

デコどころか メールの絵文字さえない

ただ一言

ナミ「どうして話をかえるの??」



93 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:41:37.27 ID:VBrBn8zA0

このとき まさに( ゜Д゜) この顔


もう弟の罪悪感が何やら言う前に
ナミを見る目が変わってしまった

めちゃくちゃ怖かった
彼女の機嫌を悪くしてしまった

俺はもうどうしていいか分からずぱにくって

意味不明な言い訳しておくった
(内容覚えてない すまん)



94 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:43:16.53 ID:VBrBn8zA0

すると さっきの態度はどうしたんだというかのように

ナミ「なんだそうだったの☆
そうそう、~~~~・・・・」

みたいな返事がかえってきた

でもそんなの俺にはどうでもよかった
俺は弟とナミの複雑な心境で板挟み状態になり

布団かぶってずっと雑念してた



95 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:45:01.51 ID:VBrBn8zA0

とりあえずナミとのメールを終えたかったため

嘘ついてごはんだからいったん メール終えるね

て伝えてきった


リビングにおりると
そこには弟がいた



99 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:54:32.57 ID:VBrBn8zA0

弟は不機嫌というか 
悔しそうな表情でいっぱいだった
そりゃ当然だろう
何せ ナミの席の隣は弟だし
その目の前で双子である俺とメアド交換したんだから

純粋にあやまりたくなった

だが、関係上 そんな話はできない
俺と弟の双子間では
恋愛系の話は絶対してはいけない

知らないけど禁忌されてた



100 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:55:56.94 ID:VBrBn8zA0

目をあわせることもできない
その場にいることもできない

いくらテレビつけていたって
いくら母や姉が話てたって

気まずい空気は一向におさまらなかった



101 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:57:23.87 ID:VBrBn8zA0

そこでしばらくするとまた携帯が震えた

着メロだ、誰だろう
まさかな・・・

そう そのまさかだった

ナミ「食事おわった?」

俺は現実逃避したくなった



104 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:02:08.65 ID:VBrBn8zA0

すぐに まだ終わってない ごめんね
みたいな感じで返信した後

弟が重い口をひらいて
「さっきの誰とのメール?」て聞いてきた

やっぱ気になるのか そりゃそうだろうな・・・


俺は苦虫を噛みつぶしたような気持ちに沈んだ
本当のことがいえなかった

とっさに ナミ以外の人物を適当にあげて答えた
弟は半信半疑な顔をしていた
長年の付き合いでわかるのだろうか
あきらかに 見え透いたような素振りをかえしてきた


今日 嘘をつくのは何回目だろうか



102 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 00:57:53.82 ID:J/4Vey0WO

双子って大変なんだなあ・・・


103 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:02:02.18 ID:lRMp+QX10

俺双子だったら絶対高校同じにしないけどな
1みたくなりたくねぇ


105 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:04:08.52 ID:VBrBn8zA0

>>102 >>103 なんかすまないな

そうして重い空気は洗浄されないまま
鉛のような飯をくった


終わって部屋いって布団に倒れこんだら

おかまいなしに
ナミからのメールがきた



106 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:07:27.56 ID:VBrBn8zA0

翌日 学校いったんだけど
やっぱり昨日のメアドのせいか
弟とナミとの口数が下がっていた
俺との口数も下がっていた
無論 テンションも下がっていた

俺は心が痛くなって
ねじふせるように友達と世間話をくりかえした



107 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:09:56.38 ID:VBrBn8zA0

こんなぎくしゃくした感じが数日 続いた

友達には相談できなかった
なぜなら俺と弟は接する友達がよく似ていたため

相談している最中
まじってくるおそれがあったからだ

途方にくれて
重い足をひきずりながらペダルをこいで
家に到着した



108 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:12:44.94 ID:VBrBn8zA0

そこには姉がいた

当時 姉は23
俺とは7、8歳離れているけど
すごく仲が良かったんだ

でも、恋愛の相談はかなり抵抗があった



110 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:14:05.08 ID:VBrBn8zA0

話そうか迷った
今なら母もいないし弟もいない

しばらくすると
選択する余裕がなくなったのか
ぎこちない感じで姉をよびかけた



111 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:15:40.40 ID:VBrBn8zA0

もう何いったか覚えてないけど
とにかく俺は弟とナミの関係
そして俺とナミの関係をすべて話した



113 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:21:19.15 ID:VBrBn8zA0

姉は真剣に俺の話を聞いてくれた
そして優しくうなずいてくれた

もうこのときの姉は天使にみえた

姉は俺に
「その子絶対はじめは弟君好きだったにちがいないよ
でも ちょっと浮気性なところあって
興味本位で俺君に近づいたんだって
いい?
俺君が、本当に弟君がかわいそうだって思うなら
ちゃんとメールできないっていってやりなよ

それじゃなかったら
本当に解決しないよ」



115 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:27:39.97 ID:VBrBn8zA0

俺は姉の言葉を実行した

はやくしないと
俺と弟の双子の関係が危うい

ていうかもう すでに危篤状態だし


そう話してると
お約束でナミのメールがきた



117 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:30:19.14 ID:VBrBn8zA0

内容は何してるの みたいな感じだったと思う

ナミには悪い気がしたが
姉の言葉を聞いた俺は弟のほうを優先した


すげえそっけない感じのメールを返した
簡単にいえば一言メール



119 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:32:51.13 ID:VBrBn8zA0

そうすると
効いたのか分からないけど
相手からのメールの返信時間が遅れた

どうしたの?機嫌悪いの?

なんて聞かれるかとちょっと不安だったが
特にいつもと変わりない感じの内容で安心した

でも内心傷ついてたかもしれない



120 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:34:45.90 ID:VBrBn8zA0

そうして
メールの頻度が急激に下がった

2日に1回くるかどうかな感じがつづいて

最終的にもうこなくなった



122 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:38:20.31 ID:VBrBn8zA0

この日を境に俺は学校でもナミと話さなくなった

逆に弟とナミはまた関係をとりもどして
隣席同志 いつものように会話していた

家にかえると
あの時のくやしそうな弟の表情は消えていて
また隠れながらメールをつづけていた

きっとナミだとおもう
いや 直感で それしかないとおもった



123 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:39:44.58 ID:VBrBn8zA0

こうして俺は何事もなかったのように
いつもの時間を取り戻した

もう弟とナミが話しているのを見ても
ねたまなくなった
心の中でひそかに二人を応援していた



125 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:42:13.52 ID:VBrBn8zA0

数か月たった

俺は新しい恋を探していたとき

友達が「弟とナミがいっしょにかえってたぞ
どうやらあの二人 付き合ったらしいな」

といった



126 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:46:42.13 ID:VBrBn8zA0

そうか 弟は無事ゴールインしたのか

俺の中には悔しい気持ちが一つもなかった
ただ 一言 おめでとう といいたかった


でも あいにく俺と弟の双子間で恋愛話はタブーだし
陰で俺はこれでよかったんだ

て合理化させて
何事もなかったかのように双子の関係は修復されたよ


以上 長い間つきあってくれてありがとよ

これで話はおわりだ



130 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:50:43.02 ID:VBrBn8zA0

何か需要あればできる範囲で答える
なかったら寝る



131 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:55:49.64 ID:g7j4L4n+O

弟別れたらいく?


132 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:57:01.14 ID:lRMp+QX10

>>131
俺ならいけないなorz
>>1じゃないけどw


133 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:57:02.27 ID:VBrBn8zA0

>>131
いや、それに弟とナミはもう別れてる



134 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:59:01.19 ID:g7j4L4n+O

まぢか

とりあえず>>1乙


135 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:00:30.39 ID:lRMp+QX10

>>133
原因わかる?


136 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:02:24.08 ID:VBrBn8zA0

>>135
どうやらナミが振ったらしい
ナミは容姿いいんだが
未だ恋愛関係で悪い噂しか聞かない



137 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:04:43.19 ID:lRMp+QX10

>>136
大人しそうに見えてやることやってる感じかぁ


139 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:06:18.33 ID:VBrBn8zA0

>>137
そうらしい
今 ナミは別の男と付き合ってるんだが
友達に別れたいやらつまらないやら愚痴もらしてた



141 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:08:31.92 ID:lRMp+QX10

>>139は彼女いるの?


142 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 02:09:41.03 ID:VBrBn8zA0

>>141 今いない
弟とナミが付き合ったすぐ後に
彼女できたのが不思議



124 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:40:06.59 ID:lRMp+QX10

>>1はナミの事好きではなかったの?


127 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:47:56.56 ID:VBrBn8zA0

>>124 多分 心のどこかで好きであったに違いない
でも 弟のほうが優先だったな



129 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:50:17.92 ID:g7j4L4n+O

お兄ちゃんえらい


128 : 名も無き被検体774号+ : 2012/02/17(金) 01:49:20.93 ID:lRMp+QX10

>>127
弟思いなやつだな

心あったまった 乙


[ 2012/02/22 00:00 ] 兄弟 | TB(-) | CM(0)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 福岡賃貸不動産 通販王国

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス) この中に1人、妹がいる! 7 さくら荘のペットな彼女 7 (電撃文庫) エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~(通常版) 予約特典ドラマCD付き
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア) テレビアニメ『ペルソナ4』 ねんどろいど 天城雪子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

■最新記事■
Powered By 我RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。