もかろぐ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > ちょっと家族のことを話したい












スポンサーサイトこのエントリーのはてなブックマーク数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっと家族のことを話したいこのエントリーのはてなブックマーク数


ちょっと家族のことを話したい


1 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:18:11.65 ID:dR2nzUZM0

クローゼットの奥からアルバム出てきて
見返したら色々思い出してしまったから
ゆっくり話したい




2 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:19:58.76 ID:dR2nzUZM0

俺の家族は、
父さん母さんとじいちゃんばあちゃん、
双子のアニキと三つ下の弟の7人暮らし

アニキとは二卵性で
顔も正確も好きなこともすべてが違うってことで
結構近所でも有名だったらしい
俺はわんぱくですぐにどっかに行ってしまう困ったガキで、
兄弟げんかをするときもだいたい俺が勝ってた
でも双子の兄弟げんかってことで
たいして怒られることもなかったんだ

それから二年後、弟が生まれた



3 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:23:25.27 ID:dR2nzUZM0

そのときは俺もまだ小さかったから
生まれたときのことはあんまり覚えてないけど、
弟が家の廊下の日の当たるところで昼寝をしているのを
こっそり伺いながらちょっとビビリながら
手足をさわったり鼻やほっぺをつついたりしてた

弟が大きくなるにつれて
弟とも兄弟げんかをするようになって
アニキの俺はよく怒られた
でも喧嘩をしてたのは弟のことが嫌いなんじゃなくて、
可愛くてしかたなっかったけど
素直に可愛がれない俺のひねくれた性格のせいだ

それから5年くらいして最初の事件が起きる



5 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:25:43.08 ID:dR2nzUZM0

ある夜母さんが急に、
「弟が熱を出してるから病院に連れて行く!」
と言って家を飛び出した
たかが熱が出たくらいで、と思ったが
その夜弟と母さんは家には帰ってこなかったらしい

弟は少し免疫力が弱く軽い喘息もちだった
それでも入院をするまでの病気には
なったことがなかったから
かなり家族も焦ってた



8 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:29:21.66 ID:dR2nzUZM0

帰ってこなかったことを知ったのは次の日の朝で、
じいちゃんが
「弟は入院することになったから少しの間帰って来れないよ」
と言った

急に怖くなって俺は泣いた

それから俺はじいちゃんとばあちゃんとアニキと一緒に
弟が入院している間毎日仏壇の前でお経をあげていた
そのときはすごい必死で
弟を治してほしいと頼んでたんだと思う

それから弟はその入院をきっかけに
ちょくちょく入退院を繰り返すようになった

なんの病気かは知らなかっし、
小学生の俺には話してもわからなかったと思うけど
入院するたびに俺は不安になっていた



9 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:31:41.87 ID:dR2nzUZM0

そんな生活が続いて数年後、
弟は小学校に上がった
俺とアニキは、
弟と一緒に毎日歩いて学校に通っていた

そのころには弟の体調も結構よく
入院も少なくなり元気な日が多かった
通学途中に拾った棒で
三人でチャンバラをしたりして楽しかった



10 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:34:23.41 ID:dR2nzUZM0

でも弟が三年生になったころから
弟がいじめられだした

クラスでは運動もあまりできず
そんなに騒ぐタイプでもなく、
いつも本を読んでいるような弟だったので
クラスの悪ガキ共に弄られるようになって
次第に酷くなっていった
数人で弟を囲んで弟を殴ったり、
物を隠されるようになっていた
先弟の担任も、
小どものすることだからと
あまり気にもとめてなかったらしい



14 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:37:26.64 ID:dR2nzUZM0

そのいじめがしばらく続いてから、
弟は母さんにいじめられていることを話した
俺は「酷くなるだけだから意味ないよ」と言ったが
弟に対して心配性だった母さんは、
学校に行ってそのことを報告し、
いじめの主犯だったヤツらの家にも行って謝まってもらった

しかし案の定いじめは酷くなっていった

弟は学校にあまり行きたくないと言うようになって、
母さんもそれを許してしまった
俺は、そんな弟を情けないと思いつつも、
いじめられる立場の気持ちを知らなかったので
その内飽きるだろうと楽観していた



16 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:42:32.87 ID:dR2nzUZM0

しかし、あまりにも学校へ行かない弟を見かねて、
アニキがついに立ちあがった
ある日、アニキは弟の教室に行き、
いじめていたヤツらの下へ行き
「弟いじめんなよ」
と一言行って教室を去って行った
ちなみに俺は、
半ば強制的にアニキに連れていかれて
教室のドアからこっそりと覗いていた

後にアニキと覗いていた俺は先生から呼び出された
特に悪いことをしたわけではないので
俺がヘラヘラしていると
先生に頭を殴られ泣いた

しかしアニキは、
「弟がいじめられていたのでそれを注意しただけです!」
とはっきり言い、
先生も少し困った顔をしていたが
優秀なアニキの力強い言葉に
とりあえずは納得したらしかった



17 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:45:05.50 ID:dR2nzUZM0

その夜、いじめっ子たちが家に来た
そいつらは頭を下げ、いじめたことを謝り、
二度としないと約束した

よほどアニキが恐かったんだと思う
そして俺らは小学校を卒業し中学に上がり
弟も次第に学校に行くようになって、
平和にすごしていた

でも災難がまた訪れた
それは中学一年生のとき、
どこかの宿泊施設で
オリエンテーションをしていたときのこと



18 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:48:55.88 ID:dR2nzUZM0

いきなり担任に呼ばれて、
俺は夜中部屋を抜け出していたことを
怒られると思っていた

でも先生の様子がおかしく、
「何かあったの?」と聞くと、
先生はおちついて聞けよ と切り出した

ドキッとした

「お前のおじい様が事故で、亡くなった・・・」

俺は少しの間言葉が出なかった
続けて先生が
「急いでお父さんが向かえに来るから、
先生と一緒に駐車場で待っていよう」
みたいなことを言っていた

多分、他にも色々喋ってたと思うけど、
あんまり覚えてない



21 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:51:47.03 ID:dR2nzUZM0

車場に行くと、先にアニキが待っていた
俺達は会話をせずにひたすら向えを待っていた

30分くらいしてから向えが来て、
父さんと先生が何か話してた
そして車でじいちやんが眠ってる病院まで行った

病院に着いて俺達は、霊安室へと向かった
初めて入ったその部屋には、
泣きくずれるばあちゃんと、
それをなだめる母さん、
ただ立ちつくす弟と、
親戚の人達がいた

ばあちゃんは泣ぎながら
「なんで・・・、なんで・・・」
と繰り返していた



24 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:53:51.86 ID:dR2nzUZM0

庭の手入れの途中に
はしごから落ちたのが原因だった

じいちゃんは頭から落ちたために、
頭が割れそこはあたり一面血の海になっていたらしい
それをばあちゃんが見つけて
救急へりで運ばれていった

しばらく治療したらしいが、
血液の凝固作用があまり働かず
病院の輸血用の血液が足りなくなり、
これ以上は手の施しようがなく
しかたのない決断をしたとの事だった



25 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:57:12.62 ID:dR2nzUZM0

俺はただただ、
パンパンに腫れて青ざめた
じいちゃんの顔を見て立っていた

初めて近しい人を失った
死というものに恐怖をおぼえた
どこかで家族はずっと一緒にいるものだと思っていた
でもその思いは打ち砕かれた

葬儀には親戚やじいちゃんの友人など多くの人が集まった

喪主を務めた父さんは
葬儀の終わりに、皆の前で挨拶をした
そこで俺は、父さんの涙を初めて見た



26 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 03:59:32.96 ID:dR2nzUZM0

それからというもの、
ばあちゃんはすっかり元気をなくし、
趣味のグランドゴルフも行かないようになり、
仏壇の前でただぼーっとしていることが多くなった

家族でばあちやんを励まそうと遊びに行ったり、
食事をしたりしたが相変わらずで家族全体が暗くなっていた

そんなある日、
弟が突然剣道をやりたいと言い出した
どうやら少林寺をしているアニキをみて
自分も何かやりたいと思ったらしい



27 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:02:19.99 ID:dR2nzUZM0

母は心配したが弟は頑なにやると言い張ったので、
根負けした母さんは近くの剣道道場へ見学しに行った
俺は、どうせ続かないだろうと思っていたが、
入門してから弟は週に何回か道場に通い
真剣に稽古をするようになっていった

あまりハードな運動をさせれないと母さんは心配してたけど、
なんの問題もなく続いていた

そして弟が小学校の高学年になると、
弟はアニメにもはまりだした
きっかけは父さんが見ていた銀英伝とのこと



31 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:06:43.22 ID:dR2nzUZM0

そうして弟はオタクの剣道少年へと育っていった

弟は剣道の大会に出場したりして、
そのたびに心配をする母さんと冷やかす俺と、
応援するアニキとばあちゃんで見にいっていた

ばあちゃんは、弟を見て
「わたしもいつまでも落ちこんじゃいられないね」
と言って、
少しずつだけど元気を取り戻していった

それにつられて家族も少しずつあかるくなっていった

弟は、決して強くはなかったけど一生懸命だった
それから弟は中学へ、
俺とアニキは別々の高校へ進学した
弟は中学でも剣道部に入り練習に打ちこんでいた



32 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:09:23.65 ID:dR2nzUZM0

このまま何もなく普通に生活していけるものだと
俺は思っていた

弟が中学一年の春休みの終わりごろ、
それは突然のできごとだった

春休み入って
俺はガソリンスタンドでバイトを始めた
特にほしいものはなかったが
することもなく暇をもてあましていたら
母さんに「暇ならバイトしろ」といわれたからだ
嫌々ながらだったけど仕事は真面目にやった



33 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:11:47.68 ID:dR2nzUZM0

そこのスタンドの人とは知り合いなので
シフトも結構融通を利かせてもらったりしていた

学校が始まる数日前の朝、
俺はバイトに、弟とアニキは部活に行った
その日はバイトが昼ごろまでだったので
バイトが終わったら友達と遊ぶ約束をしていた
バイトが終わりいったん家に帰ると
アニキが帰ってきていた

俺はその時少し違和感を覚えた



34 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:15:48.61 ID:dR2nzUZM0

いつもなら部活かある日は
アニキよりも先に弟が帰ってきてた

学校はアニキは少し遠いところだから
地元の中学へ通っている弟のほうが絶対に早い

弟は寄り道をするようなやつではないし
こんなこともあるもんかなぁと思っていた
しかしそのときはそこまで気にも留めず
俺は遊びに出かけた

友達の家に行きゲームやくだらない話をしながら
時間は4時ごろになっていた


いきなり俺の携帯に電話がかかってきた

母さんからだった



36 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:18:39.79 ID:dR2nzUZM0

なんだろうと思って電話に出ると
明らかに様子がおかしかった

「弟がまだ帰ってこない!」
俺はなんだ、そんなことか、
心配しすぎだろと思いつつも
この時間まで帰ってこない弟が少し気になった

弟は遊びに行くときは
必ずリビングのホワイトボードに行く場所を書いていく
部活のある日でもいったん家に帰ってから
ホワイトボードに書いて遊びにいく

習慣になっていたはずのことを
忘れるってこともないだろうし、
帰ってないのは確かにおかしい・・・
考えるほどにいやな方向へ思考は進んでいった



38 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:22:18.48 ID:dR2nzUZM0

どこかで事故にあったんじゃないか、
何かに巻き込まれたんじゃないか
考えると止まらなくなり
急遽友達と分かれて弟を探しに行った

弟はそんなに友達は多くない
遊びに行く友達の家はだいたい同じ

とりあえず俺は弟の通う学校に電話をして
部活が終わってるか聞いてみた
やはりいつもの時間通りに終わっているらしく
弟も帰っているとのこと

このとき俺、すげえ焦ってた



39 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:27:06.17 ID:OJtuCpGV0

虫の知らせみたいなね


41 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:28:22.69 ID:dR2nzUZM0

>>39
ただの勘みたいなものですけどね



40 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:27:22.46 ID:dR2nzUZM0

弟の友人の家にも母さんが電話したが
今日は遊んでないと言う

俺は学校へ通う道をたどってみた
その時母さんから電話があった

弟が病院に搬送されたと・・・
母さんはパニック状態で
何を言っているのかよくわからなかったので
とりあえず搬送先の病院まで
自転車でもうダッシュでむかった

病院に着いて
どこに行けばいいのか迷っていると
看護婦さんが話しかけてくれて案内をしてくれた



42 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:30:15.85 ID:dR2nzUZM0

集中治療室?みたいなとこに案内されて
かあさんとばあちゃんとアニキを見つけた
「弟手術中だって・・・、
車に轢かれてそのまま放置されてたって・・・」
アニキが振るえる声で教えてくれた

母さんとばあちゃんはひたすら祈っていた

10分後くらいにあわてて父さんが来た



43 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:31:04.77 ID:Cil1+/wDO

おとうとぉ…(TωT)


44 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:32:39.62 ID:dR2nzUZM0

手術は深夜までかかるという事だったので
俺とアニキはタクシーで帰らされた

家には俺とアニキの二人だけで
晩御飯は隣の家の人のところでお邪魔させてもらった
お隣さんは色々励ましてくれたけど
二人とも上の空だった

晩御飯を食べ終え、
家に戻った俺とアニキは
弟のことをどちらからともなく話し出した



45 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:34:05.64 ID:BTxkeEGx0

なんだろう…もうすでに涙腺が…年かな…


46 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:34:56.62 ID:OJtuCpGV0

1でも書いてたけど
だいぶ前のことっぽいね


48 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:39:49.95 ID:dR2nzUZM0

>>46
7年前の話です



47 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:38:26.75 ID:dR2nzUZM0

入院してテンパッてたこと

弟を真ん中に手をつないで三人で公園を散歩したこと

俺が弟のおもちゃを取り上げたこと

アニキが弟の戦隊ごっこでいつも悪役をやっていたこと

小学校に入学したこと

毎日一緒に登校したこと

いじめられたこと

それをアニキの一喝でおさめたこと

剣道を始めたこと

アニメの話に華を咲かせたこと

地元の祭りで御神楽を兄弟三人でやったこと

旅行へ言った事

喧嘩したこと・・・
話しながら俺たちは泣いてた



49 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:42:41.55 ID:dR2nzUZM0

アニキはポツリと呟いた
「もしかしたら弟、助からないかも・・・」

俺は怒鳴った
「そんなわけねえだろ!ふざけんな!大丈夫だろ!」

アニキ「俺弟が運ばれていくとき
一緒に救急車に乗ってったんだよ」

「あいつ、体中ぼろぼろで、
もう死んでんじゃないかってくらいだった・・・」

「お前はみてないから適当なこと言えるんだろうけど」



50 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:47:30.20 ID:dR2nzUZM0

俺、きれてアニキ殴ってしまった

一瞬ポカンとした表情をしたアニキだったが
いきなり俺に突進してきた
そして胸倉をつかんで
「適当に大丈夫とかいってんじゃねえよ!」
と怒鳴り返された

アニキが本気で怒鳴ってるとこはじめて見た

でも俺はネガティブな考えにさらにイラつき
5年ぶりくらいに喧嘩した

今考えるとそんな状況で
俺たち何してんだろうと思うけど、
そのときはとにかく不安で
憤りのない気持ちをぶつけたかったんだと思う

結局お互いボコボコになりながら
涙を流してその日は一緒に寝た



52 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:52:20.92 ID:dR2nzUZM0

次の日の朝、ばあちゃんに起こされた

階段を降りて下に行くと、
そこには母さんと父さんもいた

そして、・・・弟もいた

弟は布団に寝かされ白い布を被せられていた

弟は助からなかった

理解できなかった
意味がわからなかった

涙で目を腫らせた父さんが
俺たちに向かっておはようと言った
俺は崩れ落ちて大声で泣いてしまった
アニキもぺたんと座り込んで涙を流していた

手術の跡なのか網を頭にかぶった弟が静かに寝ていた



53 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:56:08.98 ID:6TW1kwF3O




54 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 04:56:30.03 ID:dR2nzUZM0

奇跡なんておきなかった

なんだか夢を見ているみたいに
フワフワていうかクラクラした

俺は気持ち悪くなってトイレで吐いた

空気を読まずに警察がきた
警察は
「辛いでしょうが、現場の確認をうんたらかんたら・・・」

ついうるせー!って叫んでしまった

あたってもしょうがないけど
そうせずにはいられなかった

父さんが
「もう少しだけここにいさせてください」
ってかれるような声で頼んでた
母さんは警察に目もくれずに
ひたすら泣きながら弟の顔を撫でてた



56 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:02:28.94 ID:dR2nzUZM0

次第に弟の訃報を聞きつけた親戚やらが集まってきた
従兄弟とか叔父さんたちも弟を見るなり涙を零していた

警察の話によるとひき逃げらしく、犯人は逮捕された

思い出すだけでそいつのことをぶっ殺したくなる

犯人いわく倒れていたのに気づくのが遅く
轢いてしまったらしい
急な発作で倒れたところに
車が来たんだろうって言ってた

どうでもいいと思ったけどね

今すげえむかついてるわ・・・



59 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:13:29.33 ID:dR2nzUZM0

葬式には弟の友達も何人か来てくれて、
弟のためにありがとうと礼を言った

葬儀は淡々と進み遺体を焼くときについ止めてしまった
もう顔を見れないと思うと余計に涙が止まらなかった

骨になって出てきた弟を箱へと収め俺たち家族は
じいちゃんの写真の隣へと運んだ

短い人生を弟はどう思ってたんだろうな

生まれてよかったって少しは思ってくれるといいな



こうして思い出すと
もう7年もたってるんだなって思う

悲しい気持ちは少しずつ薄らいでいってるけど
消えることはないんだなぁ

ちょっと実家に帰って墓にお参りにいってこようと思います
落ちもなく暗いだけの話でしたが
見てくれてありがとうございました

父や母も少しずつですが元気になり、
祖母も最近体調が悪いらしいですがなんとかやっています
アニキも上京してあまり会えませんが
そのうち揃ってお墓参りができたらと思っています



61 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:22:43.60 ID:Sb+C6Hcc0

ちゃんと別れを言えないまま、
残された人は辛いよな。

優しい兄ちゃん二人や、ご家族に恵まれて、
幸せだったんじゃないかな。


65 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:27:48.79 ID:dR2nzUZM0

>>61

そう言って頂けるだけで救われます

今の俺には新しい大切な家族がいるので
その幸せをずっと守って生きたいと思ってます



60 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:18:55.98 ID:BTxkeEGx0

>>59
辛い話だったのにお疲れ様でした
小さい頃、父を交通事故で亡くしたのでその頃の事を
思い出してしまった…


62 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:24:36.28 ID:dR2nzUZM0

>>60
肉親を亡くされる悲しみはみんな同じだと思います

辛い話ではありますが
少しでも多くの人に
弟が生きていたことを知ってもらえて嬉しいです



68 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:33:01.77 ID:BTxkeEGx0

>>62
残された者はこうやってその人の事を思い出す事が
供養の一つかな、と思います。
>>1さんは家庭持たれたようですし、
弟さんの分まで幸せになって下さいね。


74 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:39:10.19 ID:dR2nzUZM0

>>68
ありがとうございます

必ず幸せになって見せます
今は娘の成長を見守ることが何よりも幸せです



64 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:27:37.75 ID:Cil1+/wDO

弟さんの御冥福をお祈りします

>>1は弟さんの分まで幸せになって欲しい


69 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:33:45.57 ID:7yWlg7up0

お前ふざけんなよ。























こんな理不尽な話あるかよ・・・



66 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:30:02.67 ID:OJtuCpGV0

自動車事故は誰にでも起こりうるとはいえ
起こさないための努力はいくらでもあるからな・・・

交通事故で人が死んだら
それは殺人なんだから、
そこのところもう少し考えて処罰してほしいわな



71 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:34:34.54 ID:dR2nzUZM0

>>66
どれだけ重い罪だとしても
許さることではないことにはかわりませんけどね・・・



70 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:34:22.88 ID:VN5NbChw0

>>66
だからそれはケースバイケースだろ。
悪質なのはそれでいいけど極端なんだよ
人くくりにスンナよ



72 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 05:36:45.43 ID:dR2nzUZM0

>>70
悪意がないことは理解しているつもりですが、
それだけにやりきれない思いですね



77 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 13:20:37.18 ID:vQDSRjedP

全俺が泣いた


78 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 13:24:45.13 ID:emew/GGy0

>>77
俺もだよばがやろう



79 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 15:21:31.23 ID:hQTB3OT8i

>>77
奇遇だなばかやろう



76 : 名も無き被検体774号+ : 2012/06/15(金) 13:08:27.33 ID:lc7aBDKK0

良い兄貴たちに囲まれて弟は幸せだったろうね


[ 2012/06/16 20:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 福岡賃貸不動産 通販王国

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス) この中に1人、妹がいる! 7 さくら荘のペットな彼女 7 (電撃文庫) エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~(通常版) 予約特典ドラマCD付き
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア) テレビアニメ『ペルソナ4』 ねんどろいど 天城雪子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

■最新記事■
Powered By 我RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。